読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわボブパーマな日常

このブログでは、心情を匿名という隠れ蓑を利用して、好き勝手吐露していくと思います

THE BACK HORNの魅力

 を語りたいと思う。

オーマイソー。てしがわらです。

 

今回趣味全開で行きます。

 

今日ご紹介する音楽は

「あまりにも純粋で心優しいあまり、暴力をふるってしまう(正確に言うとふるってしまっていた)男達の音楽」であります。

 

 

 

久しぶりに、THE BACK HORNの最新アルバム(といっても発売は2015年)を『運命開花』を聞きました。

 

※ちなみに初めて聞いてみようと思う人には、このアルバムはおすすめしません。香ばしいところですと、「人間プログラム」か「ヘッドフォンチルドレン」あたりをオススメします。

 

実は私はファンクラブに入っていないものの、ライブは近くに来たら必ず行っていたし、アルバムもシングルも購入し、物販も買うという、元信者でありました。

 

あ、ちなみに菅波英純推しです。

 

あのライブのTシャツってほんとに着る機会ないんすよね~、その場で裸になり着替えるのが一番いい使い方ですよ。ホントに。特にBACKHORNのTシャツはクセ強いですからね。

 

すいません、脱線しました。

 

 

運命開花【通常盤】(CD)

運命開花【通常盤】(CD)

 

 

アルバムの感想等後で触れるとして、ほんとに久しぶりに聞いたんですよ。

 

THE BACK HORNを最後に聞いたのはリブスコールの時だから調べてみると、2012年。約5年ぶりですね。

 

正直、リブスコールというアルバムがあまり好きではなく、自然と距離ができてしまい、自分も一人暮らしじゃなくなったりと、めっきり聞かなくなりました。

そういうのってありますよね。急に冷めるというかなんというか。

 

そもそもTHE BACK HORN(以下バクホン)というバンド知らない人も多くなってきたんじゃないかな?こういったバンドのファンの移り変わりは早いですからね。

 先日ロッキン・オン・ジャパンを久しぶりに立ち読みしたら9割くらい知らないバンドっていうね。時の流れ早すぎ。そら芦田愛菜も中学生になるわ!

 

 

 

私が好きだった頃のバクホンの音楽性は

冒頭にも言いましたが「純粋で心優しいあまり、暴力をふるってしまう音楽」という一種のDVのようなバンド(怒られるかも知れない…)であると思っている。

要領悪くて社会の端くれで、反抗的に歌っているヤツラ。その歌が自身の環境をぶっ壊してくれるんじゃないかと、本当に宗教じみたくらい好きだったんです。

 

歌詞が非常に生々しく泥臭い。欝、戦争、自殺、喪失をテーマに歌った曲も多い。

・キリストのうなじをなめる女、ざらついた金の味

・人類が平等だとか愛してるとか、やらせろよあばずれ

・かわいいあの娘の手首にゃ傷がある。チャイナブルーさ

など、どぎつい歌詞が目立っていた。

 

 

で、本題の運命開花なのですが、

個人的には確かにいいアルバムだと思う。もう何回も聞いているし。けれども今までのアルバムの中ではどうかと言われるとウーム、正直…。という感想。

 

良い点はもちろんあります。2曲目ダストデビル、8曲目魂のアリバイのイントロとか結構好きです。熱い。多分ライブとかだとかなり盛り上がるんじゃないかな。1曲目の始まりとかも好きです。いきなりオーマイソーってw。てか最近は英語も解禁したのね。

 

ただやっぱりキラーチューンをもとめてしまうのは否めない。

このアルバムにはそこまでの一擊はなかったのは事実。

 

初めてコバルトブルーを聞いた時の高揚感、

ブラックボールバースディを聞いた時のぐわーってくる感じ、

刃のような盛り上がる感じ。表現がヘタですいませんが、やっぱそこまではないなと。自分のエネルギーを爆発させる感じですかね。そこまではね。

 

バンドに何をもとめるのか?

 

最初に知った時と今とでは環境も変わるし、考え方も変わる。それは聞き手側も、バンド側も変わっていく。ずっと同じ価値観や環境で10年以上音楽やるってできないんだろう。だから音楽性の変遷ってのはしょうがないと思う。

 

音楽にかかわらず、自分から発信するものってのは、変化していくものだから。

 

でも今回安心したのは、その変化がまだ思ったほど、自分とバクホンのあいだに決定的なものではなかった点ですかね。確かに違和感や物足りない物もあるのは事実だけれども、それも今後どうなっていくのか見てみたいし。もしかしたら、次は芯を食うかもしれない。これからもせっかくなんでアルバムくらいは追っかけていこうと思う。

 

次回は暁のファンファーレを聞いてみるか。結構賛否両論あるみたいだけれど。

 

オーマイソー。では今日はこのへんで。

 

 

 

 

実況道

どーもです、てしがわらです。

 

最近めっきり更新が止まっていますが、

今回のテーマはゲーム実況動画についての話になります。

 

個人的にずっと思っていることがあるのですが

「皆自分のことを実況者っていうの恥ずかしくないのか?」です。

 

 

そもそもゲーム実況動画とはどんな動画?

という疑問を持つ方もいるかもしれないので、簡単に説明しますと

 

ゲームをプレイしながら、その音声、画面を録音、録画し、その画面に対して個人的視点で解説、補足を入れていく動画のことを指すのではないかと思います

(あくまで個人的意見)

 

その実況動画にも、生声実況とゆっくり実況、字幕実況の3種類があるとおもいます。

 

生声は肉声を使って、ゲームをしながら自分の声を混ぜていくスタイル

ゆっくりはボカロ?(すいませんよくわからないですが)を使って人口音声で話させてゲームの音声に交えるスタイル

字幕は文字通り、字幕で補足説明していくスタイル

です。

 

好みもありますが、一番ニコニコ動画に供給されているのは生声実況です。

僕はその生声実況を3年くらい投稿しております。

 

で前置きが長くなりましたが、

なぜ僕は実況者と名乗るのが恥ずかしいのか?なのですが。

 

ゲームしながらぶつぶつ好き勝手しゃべっているだけなんです、実況している感がないからです。

 

 

野球中継とか見ていると、解説と実況アナウンサー分かれていますよね。

おそらくスポーツ中継から推測するに実況の定義とは、

目の前にある事実について、感情をこめてお客さんに説明する事なのかなと思います。

 

たとえば、野球の投手がボールを投げようとしている姿をみて、

「今、キャッチャーのなんとかの指示を受けて、ピッチャーなにがし選手が今ボールを投げましたっ!・・・がっ玉が大きくそれたぁーっ!!顔面か!これは危ないですねー。これはまずいですよー。乱闘にならなければいいのですが・・・おーっとバッターのなんとかチョフが一目散にマウンドにむかってゆくぅぅぅ!!」みたいな

 

これが自分の中実況のイメージです。

 

もちろん動画も適当に作っているのではなく、何度も取り直しする事もあるし、これイマイチだなーと思う時は消したりもしますが、いざ出来上がった動画見ても実況??これ??ってのは多々あります。

 

何なんでしょうか、

考えすぎといえば考えすぎで、実況動画のスタイルなんて人それぞれだし、奇声を発したりやグループで身内話してるだけの動画もあるくらいだからいいじゃん!

と思うかもしれないんですが、なんとなく腹落ちしないんです。

 

お笑い芸人が「笑わせ師やってます」って名乗るくらい違和感があります。

ウケなかったと時の恥ずかしさ。想像したくない。

 

笑うかどうかは、受け取り手次第。

実況できているかどうかも受け取り手次第なんじゃないすかね。

 

 

あ、配信者は別です。

どんだけ過疎で、人がいなくてもネットを使って生放送していれば配信者として通じると思うんですよね。

 

全国10万人くらいいるかもしれない「実況者派」を敵に回したかもしれないすね。

僕は動画投稿者ってのがいちばんしっくりきます。

 

まあどうでもいいっちゃ、どうでもいいんですけどね。

 

 ではきょうはこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

バンドやってる先輩

どーも、てしがわらです。

 結論から言うと、バンド組んだ事は皆無です。

 

最近TSUTAYAでCDをレンタルして借りているのですが、安いんですねー今。1000円で4枚借りれちゃうので、少しでも気になるアーティストは借りるようにしてます。

 

どうでもいい話ですが、CDだと種類が圧倒的にTSUTAYAがGEOをかなり凌駕していないっすか?GEOってあんまり種類豊富じゃないイメージがあるので。

DVDとかゲームだとGEOが強い気がするので、やっぱ差別化しているんですかね~。

 

その中で、ちょっと最近頭の中でループしているアーティストを紹介します。

 

oddloop

oddloop

 

 また若々しいものを。とお思いでしょうが。

1曲目だけでも聞いてください。

 

イントロのリズムが、洗い忘れたカレー鍋の如く脳内にこびりつきます。

ショートカットの女の子もかわいい。

 


フレデリック「オドループ」Music Video | Frederic "oddloop"

 

 

あんまり大学時代に戻りたいとか高校時代に戻りたいとは考えない僕ですが、

1つだけどうしてもやりたかったことがあります。

 

バンド組みたかった。

 

社会人になっても、その思いをこじらせて、大学生の学園祭ライブにひそかに侵入し、軽音楽部の20そこそこの男子に

「私は、社会人のおっさんですが軽音入れますか?」って聞いたのは苦い過去です。

浮きすぎです。アク強すぎです。異物混入です。

 

学生時代のバンドってゆるいっすよね。そのバンドのいいゆるさって学生同士しか体感できないんすよ。共通の環境というか。

たぶん入部OKもらってもすぐ辞めてたでしょうね。

 

一度某巨大SNSサイトのつながりでバンドを組んだこともあるのですが、一度も練習する間もなく解散しました。

 てなことでバンドメンバー募集中です。

 

では今日はこのへんで。

僕は新規厨

どーもです。てしがわらです。

このブログをはじめて3日目になります。3日記念です。

 

今までに4つの記事を試しに書いてみました。

 

内容としてはどうなのかは別にして、現在思ったことを文字に起こすという非常に新しい体験をしています。

 

「不変は死」「現状維持は緩やかに衰えていること」と何かの本か漫画の台詞か忘れましたが聞いたことありますよね。

 

それもあって、僕はなんでも興味のあったことは一度やってみようとしています。

 

実際はそれで長く続くモノ、続かないモノが出てきます

長く続くモノにはもっと深く取り組んでみたり、

取り組んでいて飽きてきたら少しやめて違うモノに行って、

それも飽きたらやめて、元にはまっていた事をやったり・・そんな繰り返しな気がします。

 

 皆さんはどうでしょうか?

 

 

周りの人からは、「にわかじゃん」とか、「飽き性」と言われることもあるのですが、それでいいんです。

趣味は「色んなことに手を出す」事が自分の趣味だと最近割り切っています。

 

ただネックなのはお金です。初期投資必要な趣味がかさむとね。機材系は特に。

 

どこまで続くかはわかりませんが、このブログもそのような位置づけです。こちらはあまり初期投資かかく費用対効果高いのではないでしょうか。

 

このたび初めて読者登録?もいただくことができうれしいです。

ニコニコでいうとお気に入り登録というものなんですかね。

本当にありがとうございます!

 

では今日はこのへんで。

毎日できるだけ投稿しようと思っているので、今回は内容薄くてごめんなさい!!

危機が迫っている

どーもです。てしがわらです。

 

今回は本の紹介を書きたいと思います。

 

最近改めて読んだ本で、イチオシの本があります。(※ネタバレ少しあります)

10年くらい前の小説なんですが、村上龍の『半島を出よ』です。

ジャンルで言うとハードボイルド?に当たるのでしょうか。

 

 

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

 

 

あらすじは、近未来の日本に、北朝鮮から数人の武装グループが福岡に侵入し、市民を人質にして立てこもる。その後武装グループは市内を制圧、後に九州が日本から切り離されます。

最終的には、悪人には悪人をといった、国内の犯罪者やテロリストをその北朝鮮軍にぶつけるって話なんですが。

 

めっちゃ時事ネタじゃないです?

 

韓国で映画化されるかも…みたいな噂がありましたが、今の国際状況的にまあ無理でしょうねw

 

内容はもちろんフィクションで、現実とは違いますが、北朝鮮兵士のリアルな描写というか、精神性は確かにこんな感じなんだろうなと想起する部分もあり、今の北朝鮮関連のニュースにもドキリとする感情もあります。

 

ちなみに本によると、素手で敵を殺すため、あずきが入った麻袋を毎日手刀で突く。そうすると指先が刃物のように鋭利になるみたいです。(スパスパの実?)

 

 

この小説はハードボイルド小説としても十分楽しめるのですが、

個人的には国家の決断のタイミングとその重圧 について、深く考えさせられます。

 

事件の最初の段階で、人質を無視して敵を排除していれば、さらなる犠牲者が増えなかったのでは?

少数の国民を犠牲にすれば、大多数の国民は助かるのです。じゃあその決断は誰がするのか?

そのタイミングはベストなのか?

 

結局九州まで切り離されましたが、もしその後の侵攻も続くと仮定するとどの段階で、攻撃に転じるのか?

大根買うか人参買うかレベルではない大きな決断がそこにあります。

 

今も半島では、アメリカが北朝鮮空爆するか、否かで連日もちきりです。

まさにこの決断とタイミング次第で大多数の人間が被害を受ける事に繋がる可能性はありますよね。

 

 

頼むぜ、大統領。

 

半島ニュースも目が離せないですが、こちらの小説も目が離せないでございます。

では今日はこのへんで。

私が生放送にはまった理由

どーもです。てしがわらです。

 

今回はネット生放送の魅力について話します。

 

なぜ生放送をやり始めたのか。なぜ魅力的なのか。

 

結論から言うと生放送とは「コントロール可能なコミュニケーションツール」だからだと思います。

 

私たちは普段、人間関係とは切っても切れない状態にあります。

その人間関係も、いい関係もあれば、めんどくさい関係もあると思います。

 気を使いながらも、関係性を維持しないといけないとか…経験あるのではないでしょうか。

 

ネットでの関係性は、そのめんどくさい部分をスルーできると考えています。

すぐリセットとまではいかなくても、距離をコントロールして、自分のいいように関係性を作れる。

こちら側が主導権を握りやすい点がメリットであると思います。

 

かつ趣味の合う人間と交流することも容易で、かつ人恋しい気持ちも紛らわすことができる。使い勝手のいいツールです。

 

当時の自分はインターネット回線すら個人で契約してなく、そんな世界があることすら知らない人間でしたが、

ひょんな点からニコニコ動画の存在を知り、すぐに回線を引き、当時ハマっていたゲームのプレイ動画を追っかけて行くうちに、動画の投稿ということを知り、またそこから生放送と言う存在を知りました。

 

当時は人間関係に悩んでいたこともあり、ある配信者の放送を食い入るようにみていました。コメントも打つようになり、ネットを介してのコミュニケーションをとろうとしていたのです。初めてのチャット体験に近いのではないでしょうか

 

そのうちに自分もできるのでは?と思うようになり。

自分の考えを不特定多数に発信できる。いや、発信したい。

 

家族が寝静まった時にこそこそ小声で配信する、また朝5時に起きて会社に行く前に配信する。といったくらい魅了されていたのです。

 

今はそこまでの熱意はないですが、根本の楽しさは変わっていないです。

 

非日常というか普段接することのない人とコミュニケーションが取れる。それだけで新鮮ではないでしょうか。

 

もし生放送をやったことない人がいれば一度はやってみることをお勧めします。

合う合わないはあると思いますが、やる価値はあると思いますので。

 

では今日はこのへんで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ始めた理由

どーもです。てしがわらです。

 

今日はブログ開設の理由をお話しします。

 

結論からいいます。生放送の代わりです。はい。

 

ご存知の方も多いとおもいますが、自分はニコニコ動画で生放送や動画投稿をしております。 2011年の11月頃からなんで約5年半くらい。

 

こんなに続くなんて。

 

生まれて来てこんなに継続して一つの事をするなんて、仕事以外では初めてなんです。 それほどまでに魅了されてるのです。

 

最近はちょっと生活の環境が変化したというか、仕事が変わったことも含め、上記の活動は少しセーブ気味です。 引退とか辞めるとかは考えてないのですが、今後もやりたくても定期的にはやれない環境が続くと思います。

 

やれないけど、話したいことはある。

話したいことがあるが、放送できない。

放送できても、リアルタイムで聞いてくれる人はいない。

 

そうゆう悪循環はちょっと・・・という事で 隙間時間に自己を顕示する場所としてこのブログを立ち上げました。今も移動中に書いております。

 

過去にニコニコのブロマガもやってた(一回しか更新してない・・・)のですが

動画投稿サイトの中のブログだと書くことが制限される?実際はそんなことないのですが。心機一転ということで

 

一つの独立したコンテンツとして位置づければと思います。動画や生放送に関すること以外にも語りたいと思います。自身の趣味の事とか、仕事の事とか、家族の事とか。あまり放送や動画では触れていないような部分も拾い上げたいなとは思っています。

 

まだこのブログの目標とかはありませんが

コンセプトはゆるふわ系でいきたいと思います。

 

では今日はこのへんで

次回は生放送について少し触れたいと思います。

ご挨拶

おはようございます。

 

はてなブログにて徒然なるまま、趣味、仕事、マイブームやなんやらかんやら書き殴ろうとおもいます。

 

雑煮みたいにごった煮になりますが、よろしくお願いします。普段心情を文章をあまり起こす機会もすくないので、読みづらい点も多々あるとおもいますが、何卒よろしくお願いします。

 

次回は、なぜ私がブログをやり始めたかをお話しします。