読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわボブパーマな日常

このブログでは、心情を匿名という隠れ蓑を利用して、好き勝手吐露していくと思います

私が生放送にはまった理由

どーもです。てしがわらです。

 

今回はネット生放送の魅力について話します。

 

なぜ生放送をやり始めたのか。なぜ魅力的なのか。

 

結論から言うと生放送とは「コントロール可能なコミュニケーションツール」だからだと思います。

 

私たちは普段、人間関係とは切っても切れない状態にあります。

その人間関係も、いい関係もあれば、めんどくさい関係もあると思います。

 気を使いながらも、関係性を維持しないといけないとか…経験あるのではないでしょうか。

 

ネットでの関係性は、そのめんどくさい部分をスルーできると考えています。

すぐリセットとまではいかなくても、距離をコントロールして、自分のいいように関係性を作れる。

こちら側が主導権を握りやすい点がメリットであると思います。

 

かつ趣味の合う人間と交流することも容易で、かつ人恋しい気持ちも紛らわすことができる。使い勝手のいいツールです。

 

当時の自分はインターネット回線すら個人で契約してなく、そんな世界があることすら知らない人間でしたが、

ひょんな点からニコニコ動画の存在を知り、すぐに回線を引き、当時ハマっていたゲームのプレイ動画を追っかけて行くうちに、動画の投稿ということを知り、またそこから生放送と言う存在を知りました。

 

当時は人間関係に悩んでいたこともあり、ある配信者の放送を食い入るようにみていました。コメントも打つようになり、ネットを介してのコミュニケーションをとろうとしていたのです。初めてのチャット体験に近いのではないでしょうか

 

そのうちに自分もできるのでは?と思うようになり。

自分の考えを不特定多数に発信できる。いや、発信したい。

 

家族が寝静まった時にこそこそ小声で配信する、また朝5時に起きて会社に行く前に配信する。といったくらい魅了されていたのです。

 

今はそこまでの熱意はないですが、根本の楽しさは変わっていないです。

 

非日常というか普段接することのない人とコミュニケーションが取れる。それだけで新鮮ではないでしょうか。

 

もし生放送をやったことない人がいれば一度はやってみることをお勧めします。

合う合わないはあると思いますが、やる価値はあると思いますので。

 

では今日はこのへんで